スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

リプロスキンvsビーグレン ニキビに効果が高いのはビーグレン!

ニキビケアでは人気をほぼ二分しているのが、リプロスキンとビーグレンですが、いったい、どっちを使うのがニキビケアに効果的なのかというと、ビーグレンを使うのがおすすめです。

リプロスキンを使い続けることでニキビ跡の色素沈着やクレーターが消えている口コミもあるんですが、ビーグレンを使うほうがより確実にニキビの悩みをなくしてくれるんです。




■ニキビを治す為に大切なポイント

ニキビを治すには何をしなければいけないのかというと、まず、ニキビで傷ついた皮膚は何をしても完全に元に戻ることはないんです。

ニキビでできた皮膚の傷は、肌から追い出すしかありません。肌の新陳代謝の働きに合わせて、傷のついた皮膚をどんどん肌からはがしていくしかないんです。



ニキビができてる部分が肌のごく浅い部分であれば、治るのは比較的早いですし、市販の安価な美容液でも効果が期待できるんですが、ニキビができている位置が深い場合。

たとえば、同じ場所に何度もニキビができている場合や、ニキビを潰してしまった場合など、肌の深くまでニキビの傷が達していて、クレーターや色素沈着が肌の奥まで広がっていることが考えられます。



肌の奥にできたニキビを治す為には、普通の美容液では歯が立ちません。浸透力が強くなければ、肌の深い位置まで浸みこむことができないんです。

ニキビケアで効果が高いかどうかは、新陳代謝を促す効果の高い成分を配合しているかどうか、それと美容成分の浸透力をどれだけ強化しているか?がポイントにないrます。




■リプロスキンはプラセンタが強力

リプロスキンでは、肌の新陳代謝を促すためにプラセンタが使われています。プラセンタはスキンケアの万能選手で、ほぼあらゆる肌トラブルを解消することができます。

アクアポリンという成分の力を使って、プラセンタが肌の奥まで浸みこみやすくしているんですが、ただ、プラセンタはそもそも粒子サイズの非常に大きい成分なんです。


リプロスキンはプラセンタを低分子化して、できるだけ小さなサイズにしているものの、そうなると今度は美容効果が落ちるというデメリットが生じてしまいます。



■ビーグレンの浸透力がニキビケアの決め手!

ビーグレンでは、プラセンタに比べると新陳代謝を促す効果は落ちるものの、さまざまな美容効果を備えているビタミンCを採用しています。

ビタミンCなら、分子サイズを極限まで小さくしても美容効果が失われることがありません。qusomeという独自技術を使って、ナノサイズまで分解したビタミンCを浸透力の強いカプセルに閉じ込めています。



実際にビーグレンを手に取った時に、肌にじんわりと吸い込まれていくのがわかるほど浸透力が強く、肌の奥までしっかりビタミンCを届けることができます。

肌の深い位置にできたクレーターや色素沈着も、その裏側の皮膚にはたらきかけて、新陳代謝を促してしまえば、肌表面へと徐々に押し出されていきます。



肌表面まで達してしまえば、後はどんどん剥がれ落ちていき、最終的にはニキビで傷のついていない皮膚で肌が覆われるようになります。

ビタミンCにはコラーゲンの生成も増やす効果がありますから、肌内部の水分量が増えて透明感もアップ。肌のみずみずしさもよみがえりますよ。



ニキビを治すだけじゃなくて、くすみがちだった肌色も明るくしてくれるビーグレンの効果をトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓







スポンサーサイト